小説の読みにくさが、かえって映画への興味につながった

「小説 君の名は。」を読んでみました。大ヒット中の映画「君の名は。」の小説版で、監督の新海誠氏が書いたものです。
正直言って、この小説はひどく読みにくかったです。その理由の一つは、一人称、つまり主人公の視点のみで描かれていたことです。独り言ばかりを読まされているような感じがしました。
もう一つの理由は、著者の新海誠氏の本業は作家ではないということです。読んでいて、本職の作家が書いた小説とは明らかに違うものを感じました。一つ一つの言葉や、ストーリーの流れが、一読しただけではスッと頭に入っていかないような感じです。プロの書き手が書いた文章なら、このようなことはほとんどありません。やはり新海氏の本業は映画監督だと思いました。
しかしながら内容が薄く軽いためか、読みにくさを感じた一方で案外早く読み進めることができました。往復3時間ほどの電車の中ですべて読み切ったくらいです。
さて読みにくい小説を一通り読み終えたところで、「君の名は。」は小説よりも映画の方が受け手に伝わりやすい作品なのではないか、という気がしました。夢の中で人が入れ替わるという現象を扱っていることから、言葉のみで一人称の視点からストーリーを進めるよりも、アニメーション映画で視覚化する方がわかりやすいと思います。
大ヒット中にもかかわらず、私はまだ映画を見ていません。わかりやすさや面白さを期待して、都合がついたら是非とも見てみたいです。http://www.musicmilkyway.com/

小説の読みにくさが、かえって映画への興味につながった